News & Information

Topics & Report

2016/08/25

第1回東日本パブリックダブルススクランブル選手権・関東C決勝結果

  平成28年度第1回東日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権・関東Cブロック決勝は、8月25日に千葉県八千代市の八千代ゴルフクラブ(男子:6,123Yards/Par72、女子:5,586Yards/Par72)で、4会場の予選を通過した68ペアで競技が行われた。
優勝したのは、63ストロークで回ったチーム フジゴ。2位にWケンジ、3位にはハッピースタイルが入った。なお、上位20ペアが11月8日にオールドオーチャードゴルフクラブ(茨城県)で開催する東日本地区決勝大会に進出した。

 

2016/08/10

H28東日本ミッドアマ選手権B地区決勝・女子地区決勝結果

  8月9日、10日に栃木県のイーストウッドカントリークラブで行われた東日本ミッドアマ選手権B地区決勝・女子地区決勝は、男子部門は中跡朝臣選手が通算146ストロークで優勝、2位に塩田一史選手が入り、3位に鈴木泰二郎選手、4位に村井忠行選手、5位に瀬戸口雅昭選手が入った。
女子部門は、通算161ストロークで並んだ仲田亜紀選手と長野美代子選手によるプレーオフの末、仲田選手が優勝、2位には長野選手、3位に菅野朋子選手が入った。
なお、本競技の男子部門上位35名、女子部門15名が9月14日、15日に愛知県の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)で開催する全日本大会に進出した。

 

2016/07/29

H28中部日本ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月28日、29日に三重県のアリジカントリークラブ花垣コースで行われた中部日本ミッドアマ選手権地区決勝は、男子部門は横山浩康選手が通算143ストロークで優勝、2位に神谷茂選手が入り、3位タイに村上将選手、酒井佳樹選手、マハリ・アブラハム選手の3名が入った。
女子部門は、長田紫野香選手が通算153ストロークで優勝、2位には中谷佳央理選手、3位に前田英里選手が入った。
なお、本競技の男子部門上位53名、女子部門12名が9月14日、15日に愛知県の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)で開催する全日本大会に進出した。

 

2016/07/28

第1回東日本パブリックダブルススクランブル選手権・関東B決勝結果

  平成28年度第1回東日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権・関東Bブロック決勝は、7月28日に茨城県東茨城郡のオールドオーチャードゴルフクラブ(男子:6,622Yards/Par72、女子:5,532Yards/Par72)で、4会場の予選を通過した63ペアで競技が行われた。
優勝したのは、61ストロークで回ったチーム湊。2位にタイガー&デュバル、3位には赤塚組が入った。なお、上位19ペアが11月8日にオールドオーチャードゴルフクラブ(茨城県)で開催する東日本地区決勝大会に進出した。

 

2016/07/21

H28東日本ミッドアマ選手権A地区決勝結果

  7月20日、21日に長野県の鹿島南蓼科ゴルフコースで行われた東日本ミッドアマ選手権A地区決勝は、前田男選手が通算142ストロークで優勝、2位に中山和成選手が入り、3位タイには猿山隆二選手、脇康之選手、小山宏充選手の3名が入った。
なお、本競技の上位35名が9月14日、15日に愛知県の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)で開催する全日本大会に進出した。

 

2016/07/15

H28西日本ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月14日、15日に兵庫県のよみうりゴルフ ウエストコースで行われた西日本ミッドアマ選手権地区決勝は、男子部門は福本徹選手が通算149ストロークで優勝、2位タイに下山誠選手と須田征司選手が入り、4位タイに坂上吉久選手、林伸行選手、北村久人選手、上田昌志選手、柳田秀樹選手、今村大志郎選手の6名が入った。
女子部門は、松山哲子選手が通算149ストロークで優勝、2位には中野有佳梨選手、3位に牧草眞由美選手が入った。
なお、本競技の男子部門上位38名、女子部門9名が9月14日、15日に愛知県の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)で開催する全日本大会に進出した。

 

2016/06/24

第1回東日本パブリックダブルススクランブル選手権・関東A決勝結果

  平成28年度第1回東日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権・関東Aブロック決勝は、6月24日に東京都昭島市の昭和の森ゴルフコース(男子:6,067Yards/Par72、女子:5,279Yards/Par72)で、4会場の予選を通過した52ペアで競技が行われた。
優勝したのは、62ストロークで回ったチーム上中(仮)。2位にTSI、3位にはBU-chan'sが入った。なお、上位16ペアが11月8日にオールドオーチャードゴルフクラブ(茨城県)で開催する東日本地区決勝大会に進出した。

 

2016/06/17

第50回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  6月15日、16日に栃木県大田原市の那須野ヶ原カントリークラブ(6,681Yards/Par71)で開催した全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、毛利基文選手(ウィンザーパーク)が137ストローク通算5アンダーで初優勝を飾った。2位には138ストロークの金原丈也選手(グランシエロ)がつけ、3位には小斉平優和選手(シード・よみうり)が入り、4位タイには岩田大河選手(滋賀甲南)と昨年優勝の久保田皓也選手(シード・アオノ)が入った。

写真:左から岩田選手、金原選手、毛利選手、小斉平選手、久保田選手

 

2016/06/09

第16回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  6月7日、8日に兵庫県神戸市の西神戸ゴルフ場(6,127Yards/Par72)で開催した全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、西村優菜選手(ダンロップ)が133ストローク通算11アンダー、2位に4打差をつけ初優勝を飾った。2位には137ストロークの安田祐香選手(北神戸)がつけ、3位タイに昨年優勝の倉永光里選手(シード・よみうり)と平岡瑠依選手(シード・北神戸)の2名が入り、5位には稲見萌寧選手(シード・八千代)が入った。

写真:左から平岡選手、安田選手、西村選手、倉永選手

 

2016/05/26

H28西日本パブリック選手権地区決勝結果

  5月24日、25日に兵庫県神戸市のダンロップゴルフコースで行われた西日本パブリック選手権地区決勝は、芹澤慈眼選手が141ストローク通算3アンダーで優勝した。2位に菊田奨選手、3位に谷本伊知郎選手、4位には徳永圭太選手が入り、5位タイに西脇まあく選手、古川惣一朗選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位51名が6月15日、16日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2016/05/26

H28東日本パブリック選手権B地区決勝結果

  5月24日、25日に山梨県南都留郡の山中湖畔 富士ゴルフコースで行われた東日本パブリック選手権B地区決勝は、139ストローク通算5アンダーで並んだ野口裕太選手と長澤奨選手のプレーオフの結果、野口選手が優勝した。3位に米山勇樹選手、4位タイには栗原悠宇選手と呉英彪選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位35名が6月15日、16日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2016/05/21

H28中部日本パブリック選手権地区決勝結果

  5月19日、20日に愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコースで行われた中部日本パブリック選手権地区決勝は、伊藤刻矢選手が142ストローク通算2アンダーで優勝した。2位に中村大樹選手、3位に金原丈也選手、4位には作田大地選手が入り、5位タイに森田匠海選手、杉浦悠太選手、北添海翔選手の3名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位40名が6月15日、16日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2016/05/21

H28東日本パブリック選手権C地区決勝結果

  5月19日、20日に千葉県市原市の市原ゴルフクラブで行われた東日本パブリック選手権C地区決勝は、磯井怜選手が135ストローク通算9アンダーで優勝した。2位に佐藤慶介選手、3位に伊藤泰良選手、4位には石毛巧選手が入り、5位タイに田中章太郎選手と山本屋一太選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位30名が6月15日、16日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2016/05/19

H28西日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月17日、18日に兵庫県神戸市の北神戸ゴルフ場で行われた西日本女子パブリック選手権地区決勝は、吉原奈生子選手が139ストローク通算5アンダーで優勝した。2位に平岡瑠依選手、3位に久保山小梅選手、4位に安田祐香選手、5位タイには古江彩佳選手と大林奈央選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位92名が6月7日、8日に兵庫県の西神戸ゴルフ場で開催する全日本大会に進出した。

 

2016/05/16

H28東日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月14日、15日に千葉県市原市の千葉よみうりカントリークラブで行われた東日本女子パブリック選手権地区決勝は、菅沼菜々選手が145ストローク通算1オーバーで優勝した。2位タイに石倉佳那子選手と吉田優利選手が入り、4位に桑山紗月選手、5位タイには河村来未選手、勝見梓選手と岩崎美紀選手の3名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位76名が6月7日、8日に兵庫県の西神戸ゴルフ場で開催する全日本大会に進出した。

 

2016/05/12

H28東日本パブリック選手権A地区決勝結果

  5月10日、11日に茨城県東茨城郡のウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブで行われた東日本パブリック選手権A地区決勝は、141ストローク通算3アンダーで並んだ河田丈一郎選手と遠藤銀河選手によるプレーオフの末、河田選手が優勝した。3位に中村勇貴選手、4位に一ノ瀬秀都選手、5位には平野忠則選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位38名が6月15日、16日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2016/05/12

H28中部日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月10日、11日に愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコースで行われた中部日本女子パブリック選手権地区決勝は、吉本七海選手が143ストローク通算1アンダーで優勝した。2位に小野祐夢選手、3位に福岡靖菜選手、4位タイには立浦琴奈選手と吉本ひかる選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位29名が6月7日、8日に兵庫県の西神戸ゴルフ場で開催する全日本大会に進出した。

 

2015/10/23

H27東日本クラブ対抗戦(決勝)の結果

  10月23日に千葉県の市原ゴルフクラブで東日本地区決勝が行われた。男子の部は、うぐいすの森ゴルフクラブ水戸が2位に1ストローク差で逃げ切り優勝した。
女子の部は千葉よみうりカントリークラブと鹿島南蓼科ゴルフコースが同スコアだったが、大会規定により千葉よみうりカントリークラブが優勝した。
男女共に決勝大会初優勝を飾った。

 

2015/10/17

H27全日本シニア・女子シニア・ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  10月15日、16日に長野県茅野市の鹿島南蓼科ゴルフコース(男子:6,638Yards/Par72、女子:5,694Yards/Par72、ミッド:6,233Yards/Par72)にて開催した第21回全日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、第21回全日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、第12回全日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、男子シニアは、148ストロークで回った藤井広文選手(森林公園)が初優勝。女子シニアは、155ストロークで並んだ武田妙子選手(シード・紫あやめ36)、花井正子選手(シード・名古屋港)、加藤仁美選手(朝霞)の3選手によるプレーオフの結果、武田選手が2度目の優勝。ミッドシニアは、147ストロークで回った佐藤勝美選手(グランシエロ)が優勝した。
また、本年度よりミッドシニア出場の70歳以上の選手のうち、成績最上位者に対して特別表彰を設けたが、ミッドシニア優勝の佐藤選手があわせて受賞した。

写真は左から、男子シニア上位者、女子シニア上位者、ミッドシニア上位者。

 

2015/10/01

H27中部日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月29日、30日に愛知県弥富市の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)で行われた中部日本地区決勝は、男子シニアは島田崇選手(小杉)が151ストロークで優勝。2位タイに黒田真司選手(名古屋港)と北川敏彦選手(名古屋港)の2名が入り、4位には岡澤治男選手(名古屋港)、5位タイに武山安徳選手(名古屋港)と鍵谷秀一選手(名古屋港)の2名が入った。
女子シニアは、花井正子選手(シード・名古屋港)が161ストロークで大会連覇を達成。2位に鎌田真奈美選手(名古屋港)、3位には太田明美選手(名古屋港)が入った。
ミッドシニアは、小島朋広選手(シード・名古屋広幡)が154ストロークで大会連覇を達成。2位タイに佐藤勝美選手(グランシエロ)と城伸起選手(名古屋港)の2名が入った。

なお、本競技の男子シニア上位23名、女子シニア6名、ミッドシニア18名が10月15日、16日に長野県の鹿島南蓼科ゴルフコースで開催する全日本大会に進出した。

写真:左から男子シニア入賞者、女子シニア入賞者、ミッドシニア入賞者

 

2015/10/01

H27東日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月29日、30日に千葉県野田市の紫あやめ36で行われた東日本地区決勝は、男子シニアは小川直康選手(ムーンレイク市原)が145ストロークで優勝。2位に下田彰選手(千葉よみうり)、3位に神羊二選手(昭和の森)、4位に荒井眞一選手(シード・紫あやめ36)が入り、5位タイには東條光宏選手(千葉よみうり)、内田清選手(八千代)、紺野秋雄選手(ウィンザーパーク)の3名が入った。
女子シニアは、上村ひろみ選手(オールドオーチャード)が157ストロークで優勝。2位に加藤仁美選手(朝霞)、3位には君塚桂子選手(市原)が入った。
ミッドシニアは、俵聖徳選手(紫あやめ36)が145ストロークで優勝。2位に土屋知廣選手(紫あやめ36)、3位タイには河田育雄選手(大麻生)と須長順一選手(紫あやめ36)の2名が入った。

なお、本競技の男子シニア上位47名、女子シニア13名、ミッドシニア26名が10月15日、16日に長野県の鹿島南蓼科ゴルフコースで開催する全日本大会に進出した。

写真:左から男子シニア入賞者、女子シニア入賞者、ミッドシニア入賞者

 

2015/09/28

H27西日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月24日、25日に兵庫県神戸市の北神戸ゴルフ場で行われた西日本地区決勝は、男子シニアは永井文雄選手(シード・よみうり)が147ストロークで2連覇を達成。2位に清順一選手(西神戸)、3位に菅原健選手(しがらきの森)、4位には西出雅次選手(北神戸)が入り、5位タイには中北光則選手(よみうり)、増元公男選手(武庫ノ台)、全珍選手(ダンロップ)の3名が入った。
女子シニアは、森本ゆかり選手(ダンロップ)が164ストロークで優勝、2位に浜裕子選手(米子)、3位には高田有加選手(シード・ダンロップ)が入った。
ミッドシニアは、水野進一選手(シード・よみうり)が149ストロークで2度目の優勝。2位に小林勉選手(北神戸)、3位には村上隆之選手(京都大原)が入った。

なお、本競技の男子シニア上位22名、女子シニア9名、ミッドシニア18名が10月15日、16日に長野県の鹿島南蓼科ゴルフコースで開催する全日本大会に進出した。

写真:左から男子シニア入賞者、女子シニア入賞者、ミッドシニア入賞者

 

2015/09/18

第9回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技結果

  9月16日、17日に兵庫県加東市のグランドオークプレイヤーズコース(男子部門:7,009Yards、女子部門:6,111YardsともにPar72)で行われた第9回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は、男子部門は谷本伊知郎選手が141ストローク通算3アンダーで3連覇を達成した。2位に榊原吉規選手、3位タイに三井吉奎選手と恒藤高弘選手の2選手が入り、5位には芝田康司選手が入った。
女子部門は福村香名選手が154ストローク通算10オーバーで初優勝を飾った。2位には山下ユナ選手、3位には中村英美選手が入った。

 

2015/08/25

H27北海道・青森パブリック選手権地区決勝結果

  8月24日、25日に北海道の隨縁カントリークラブ恵庭コースで行われた北海道・青森地区決勝は、佐藤寛大選手が146ストロークで優勝、2位には長谷川大晃選手、3位には小村優太選手が入った。
なお、本競技の上位2名が平成28年度全日本大会への出場資格を得た。

 

2015/08/20

H27東日本ミッドアマ選手権B地区決勝・女子決勝結果

  8月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで行われた東日本B地区決勝・女子決勝は、男子部門は山本靖選手が144ストロークで優勝、2位に山内一晃選手、3位に宮野嗣英選手、4位に塩田一史選手が入り、5位には海老原弘樹選手が入った。
女子部門は中村英美選手が152ストロークで優勝、2位には小田倉富士子選手、3位には堀美樹選手が入った。
なお、本競技の男子部門上位27名、女子部門14名が9月16日、17日に兵庫県のグランドオークプレイヤーズコースで開催する全日本に進出した。

 

2015/07/31

H27中部日本ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月29日、30日に愛知県の名古屋広幡ゴルフコースで行われた中部日本地区決勝は、男子部門は147ストロークで並んだ黒澤正之選手、小原景選手、堀信義選手によるプレーオフの末、黒澤選手が優勝した。2位タイにはプレーオフで敗れた小原選手、堀選手が入り、4位タイには阪野智久選手、山中敏靖選手、榊原吉規選手の3名が入った。
女子部門は、吉川美香選手が157ストロークで優勝、2位には中山光代選手、3位に岩崎未果選手、4位タイに松久悦子選手と栗原悦子選手の2名が入った。
なお、本競技の男子部門上位37名、女子部門7名が9月16日、17日に兵庫県のグランドオークプレイヤーズコースで開催する全日本に進出した。

 

2015/07/29

H27東日本ミッドアマ選手権A地区決勝結果

  7月27日、28日に千葉県の新君津ベルグリーンカントリー倶楽部で行われた東日本A地区決勝は、辻本圭一選手が141ストローク通算3アンダーで優勝、2位タイには木下輝洋選手と荒井眞一選手が入り、4位にディーン・ロジャース選手、5位タイには秋野誠選手、吉岡進選手、鈴木泰二郎選手、國近和寿選手、藤本和大選手の5名が入った。
なお、本競技の上位39名が9月16日、17日に兵庫県のグランドオークプレイヤーズコースで開催する全日本に進出した。

 

2015/07/24

H27北海道・青森ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月24日に北海道のダイナスティゴルフクラブで行われた北海道・青森地区決勝は、74ストロークで回った金澤哲夫選手が優勝した。2位には新玉幸嗣選手、3位タイには坂井優選手、浅原卓二郎選手、ケント・プライヤー選手の3名が入った。
なお、本競技の上位2名が9月16日、17日に兵庫県のグランドオークプレイヤーズコースで開催する全日本に進出した。

 

2015/07/17

H27西日本ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月15日、16日に兵庫県の青野運動公苑アオノゴルフコースで行われた西日本地区決勝は、男子部門は恒藤高弘選手が140ストロークで優勝、2位タイに下山誠選手と小林信吾選手が入り、4位に丸山武志選手、5位には増田昭彦選手が入った。
女子部門は、福村香名選手が153ストロークで優勝、2位には鷹野美紀選手、3位に牧草眞由美選手、4位に松山哲子選手、5位には藤原香織選手が入った。
なお、本競技の男子部門上位52名、女子部門15名が9月16日、17日に兵庫県のグランドオークプレイヤーズコースで開催する全日本に進出した。

 

2015/06/19

第49回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  6月17日、18日に滋賀県甲賀市の紫香楽国際カントリークラブ(6,827Yards/Par72)で開催した全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、136ストローク通算8アンダーで並んだ久保田皓也選手(シード・アオノ)と小斉平優和選手(よみうり)によるプレーオフの結果、4ホール目にバーディを獲った久保田選手が優勝を飾った。2位は小斉平選手、3位タイに西山大広選手(高松)と河合亮汰選手(アオノ)の2選手が入り、5位は小木曽喬選手(シード・名古屋広幡)が入った。

写真:左から河合選手、小斉平選手、久保田選手、西山選手、小木曽選手

 

2015/06/08

第15回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  6月4日、5日に千葉県八千代市の八千代ゴルフクラブ(6,151Yards/Par72)で開催した全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、倉永光里選手(シード・よみうり)が139ストローク通算5アンダーで優勝を飾った。2位には140ストロークの稲見萌寧選手(八千代)がつけ、3位タイに三浦桃香選手(トム・ワトソン)、中尾春陽選手(アリジ)、畑岡奈紗選手(ウィンザーパーク)、淺井咲希選手(北神戸)の4選手が入った。

写真:左から中尾選手、稲見選手、倉永選手、三浦選手、畑岡選手

 

2015/05/28

H27西日本パブリック選手権関西地区決勝結果

  5月26日、27日に兵庫県の武庫ノ台ゴルフコースで行われた西日本パブリック選手権関西地区決勝は、小斉平優和選手が140ストローク通算4アンダーで優勝した。2位タイには141ストロークの大橋浩太朗選手、福岡大河選手、松本正樹選手の3名が入り、5位には三倉誠生選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位49名が6月17日、18日に滋賀県の紫香楽国際カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/23

H27中部日本パブリック選手権地区決勝結果

  5月20日、21日に三重県のアリジカントリークラブ花垣コースで行われた中部日本パブリック選手権地区決勝は、小木曽喬選手が139ストローク通算5アンダーで優勝した。2位には143ストロークの岡崎錬選手がつけ、3位に上田敦士選手が入り、4位タイには尾関奨乃選手、青山晃大選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位41名が6月17日、18日に滋賀県の紫香楽国際カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/22

H27東日本パブリック選手権A地区決勝結果

  5月20日、21日に栃木県のイーストウッドカントリークラブで行われた東日本パブリック選手権A地区決勝は、夏堀裕大選手が140ストローク通算4アンダーで優勝した。2位には142ストロークの渡辺真悟選手がつけ、3位タイに上村悠選手と河田丈一郎選手の2名が入り、5位タイには荒井陸選手、鴨野勝選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位30名が6月17日、18日に滋賀県の紫香楽国際カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/22

H27東日本パブリック選手権B地区決勝結果

  5月20日、21日に静岡県の富士グリーンヒルゴルフコースで行われた東日本パブリック選手権B地区決勝は、長澤奨選手が143ストローク通算1アンダーで優勝した。2位には145ストロークの園田昂生選手がつけ、3位に嶺岸政秀選手、4位に金子直矢選手が入り、5位タイには加藤翔選手、神山直樹選手、呉英彪選手の3名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位29名が6月17日、18日に滋賀県の紫香楽国際カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/22

H27西日本パブリック選手権中国地区決勝結果

  5月20日、21日に岡山県の岡山空港ゴルフコースで行われた西日本パブリック選手権中国地区決勝は、藤井勝成選手が142ストローク通算2アンダーで優勝した。2位には145ストロークの島野璃央選手がつけ、3位タイに富永暁登選手、久常涼選手の2名が入り、5位には金岡奎吾選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位10名が6月17日、18日に滋賀県の紫香楽国際カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/22

H27西日本パブリック選手権四国地区決勝結果

  5月20日、21日に徳島県のコート・ベール徳島ゴルフクラブで行われた西日本パブリック選手権四国地区決勝は、谷本伊知郎選手が144ストローク通算イーブンパーで優勝した。2位には145ストロークの板東篤司選手がつけ、3位タイに西山大広選手、加藤渉選手の2名が入り、5位タイには吉田泰基選手、大野由真選手、小西勇輝選手の3名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位10名が6月17日、18日に滋賀県の紫香楽国際カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/21

H27西日本パブリック選手権九州地区決勝結果

  5月20日、21日に宮崎県のトム・ワトソンゴルフコースで行われた西日本パブリック選手権九州地区決勝は、安部寛章選手が147ストローク通算3オーバーで優勝した。2位タイに148ストロークの篠原仕師命選手と池田悠希選手がつけ、4位に葛城史馬選手、5位タイには早田貴洋選手、井戸川純平選手、菅卓人選手の3名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位5名が6月17日、18日に滋賀県の紫香楽国際カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/17

H27西日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月14日、15日に京都府の京都大原パブリックコースで行われた西日本女子パブリック選手権地区決勝は、池水優貴選手が142ストローク通算2アンダーで優勝した。2位には146ストロークの八木涼風選手がつけ、3位タイには田中瑞希選手、平岡瑠依選手、梶谷翼選手、小西瑞穂選手の4名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位75名が6月4日、5日に千葉県の八千代ゴルフクラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/17

H27東日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月13日、14日に茨城県のウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブで行われた東日本女子パブリック選手権地区決勝は、稲見萌寧選手が135ストローク通算9アンダーで優勝した。2位タイには137ストロークの植竹希望選手と青野紗也選手がつけ、4位に畑岡奈紗選手、5位タイに長野未祈選手、臼井麗香選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位98名が6月4日、5日に千葉県の八千代ゴルフクラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/14

H27中部日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月13日、14日に三重県のアリジカントリークラブ花垣コースで行われた中部日本女子パブリック選手権地区決勝は、吉本ひかる選手が141ストローク通算3アンダーで優勝した。2位には144ストロークの澤田知佳選手がつけ、3位に福岡靖菜選手、4位に小野祐夢選手、5位タイに鈴木里緒美選手、薮田梨花選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位21名が6月4日、5日に千葉県の八千代ゴルフクラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/07

H27東日本パブリック選手権C地区決勝結果

  5月5日、6日に千葉県の千葉よみうりカントリークラブで行われた東日本パブリック選手権C地区決勝は、川上優大選手が137ストローク通算5アンダーで優勝した。2位には141ストロークの前田男選手がつけ、3位に坂場大希選手、4位に丁志優選手、5位タイに髙倍淳一選手、石毛巧選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位21名が6月17日、18日に滋賀県の紫香楽国際カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2014/11/19

H26東日本クラブ対抗戦(決勝)の結果

  10月24日に長野県の鹿島南蓼科ゴルフコースで行われた東日本地区決勝は、男子の部はオールドオーチャードゴルフクラブが2位に4打差をつけ350ストロークで優勝した。
女子の部は、ウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブと千葉よみうりカントリークラブが同スコアだったが、大会規定のマッチングスコアカードによりウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブが優勝。男女共に決勝大会初優勝を飾った。

尚、大会に先立ち10月23日に前夜祭が盛大に行われた。

写真:左から男子の部優勝:オールドオーチャードゴルフクラブ、女子の部優勝:ウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブ、前夜祭にて選手紹介

 

2014/10/30

H26パブリック選手権グアム大会競技結果

  日本パブリックゴルフ協会は、グアムゴルフ協会協力の下、10月12日にグアムのレオパレスリドートカントリークラブ(男子:6,335Yards/Par72、女子:5,107Yards/Par72)にてグアム在住者を対象とした全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技グアム大会を開催した。
男子は、67ストロークで回ったDevin Hua選手とLouie Sunga選手によるプレーオフの末、Hua選手が優勝。3位にはDaryl Poe選手が入った。
女子は、73ストロークで回ったNalathai Vongjalorn選手が2位に4打差をつけ優勝。2位はRachel Peterson選手、3位タイにはLaling Couch選手とKyong Stirling選手の2名が入った。
なお、本競技の男女各上位3名が平成27年度の全日本大会に進出した。

 

2014/10/16

H26全日本シニア・女子シニア・ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  10月15日、16日に宮崎県宮崎市のトム・ワトソンゴルフコース(男子:6,665Yards/Par72、女子:5,923Yards/Par72、ミッド:6,376Yards/Par72)にて開催した第20回全日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、第20回全日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、第11回全日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、男子シニアは、153ストロークで回った松本英司選手(シード・名古屋広幡)が大会2連覇。女子シニアは、157ストロークで回った小田倉富士子選手(シード・紫あやめ36)が2位に8打差をつけ大会2連覇。ミッドシニアは、158ストロークで回った菅原健選手(シード・西神戸)と矢吹元良選手(シード・紫あやめ36)による6ホールにわたるプレーオフの結果、菅原選手が優勝した。

写真は左から、男子シニア上位者、女子シニア上位者、ミッドシニア上位者。

 

2014/10/06

H26中部日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月29日、30日に三重県の亀山ゴルフクラブで行われた中部日本地区決勝は、男子シニアは井上晴雅選手(シード・森林公園)と三河順一選手(アリジ)が155ストロークで並びプレーオフの末、井上選手が優勝、3位タイに田島光次郎選手(亀山)と小山正行選手(名古屋港)の2名が入り、5位タイには伊藤明選手(名古屋広幡)と金村正春選手(シード・名古屋港)が入った。
女子シニアは、花井正子選手(名古屋港)が150ストロークで優勝、2位に田島和美選手(シード・名古屋港)、3位には早田佳世子選手(シード・森林公園)が入った。
ミッドシニアは、小島朋広選手(名古屋広幡)が146ストロークで優勝、2位タイに柴田正選手(森林公園)と吉川廣司選手(正眼寺)の2名が入った。

なお、本競技の男子シニア上位28名、女子シニア8名、ミッドシニア21名が10月15日、16日に宮崎県のトム・ワトソンゴルフコースで開催する全日本大会に進出した。

写真:左から男子シニア入賞者、女子シニア入賞者、ミッドシニア入賞者

 

2014/09/29

H26西日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月25日、26日に兵庫県のよみうりゴルフ ウエストコースで行われた西日本地区決勝は、男子シニアは永井文雄選手(よみうり)が148ストロークで優勝、2位には藤本道徳選手(よみうり)、3位に中村光浩選手(アオノ)、4位に山森徹也選手(ダンロップ)、5位タイに中村律郎選手(ダンロップ)と増元公男選手(シード・武庫ノ台)の2名が入った。
女子シニアは、石川小百合選手(シード・米子)と髙田有加選手(ダンロップ)が162ストロークで並びプレーオフの末、石川選手が優勝、3位には渡部美弥子選手(よみうり)が入った。
ミッドシニアは、菅原健選手(シード・西神戸)と水野進一選手(シード・よみうり)が148ストロークで並びプレーオフの末、菅原選手が優勝、3位には青田光宏選手(アオノ)が入った。

なお、本競技の男子シニア上位35名、女子シニア11名、ミッドシニア27名が10月15日、16日に宮崎県のトム・ワトソンゴルフコースで開催する全日本大会に進出した。

写真:左から男子シニア上位5名、女子シニア上位3名、ミッドシニア上位3名

 

2014/09/20

第8回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技結果

  9月17日、18日に茨城県県のオールドオーチャードゴルフクラブ(男子部門:7,041Yards、女子部門:6,035YardsともにPar72)で行われた第8回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は、男子部門は146ストロークで並んだ谷本伊知郎選手と菊地展弘選手によるプレーオフの末、谷本選手が優勝。大会2連覇を達成した。3位に増野逸実選手、4位に西川幸一郎選手、5位には渡邊哲也選手が入った。
女子部門も158ストロークで並んだ鈴木智子選手と守谷みのり選手によるプレーオフの末、鈴木選手が制し本大会3度目の優勝を飾った。3位には山下ユナ選手が入った。

 

2014/08/26

H26北海道・青森パブリック選手権地区決勝結果

  8月25日、26日に北海道の隨縁カントリークラブ恵庭コースで行われた北海道・青森地区決勝は、片岡尚之選手が143ストロークで優勝、2位には長谷川大晃選手、3位には和賀勇介選手が入った。
なお、本競技の上位2名が平成27年度の全日本大会に進出した。

 

2014/07/31

H26中部日本ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月29日、30日に愛知県の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)で行われた中部日本地区決勝は、男子部門は榊原吉規選手が142ストロークで優勝、2位に藤井広文選手、3位に増野逸実選手、4位に山中敏靖選手が入り、5位タイには松本英司選手と来山健一選手の2名が入った。
女子部門は、鈴木智子選手が158ストロークで優勝、2位には中川麻美子選手、3位タイには吉川美香選手と守谷みのり選手の2名が入った。
なお、本競技の男子部門上位35名、女子部門8名が9月17日、18日に茨城県のオールドオーチャードゴルフクラブで開催する全日本に進出した。

 

2014/07/31

H26東日本ミッドアマ選手権B地区決勝・女子決勝結果

  7月24日、25日に千葉県の八千代ゴルフクラブで行われた東日本B地区決勝・女子決勝は、男子部門は小野竜彦選手と進藤祥史選手が139ストロークで並びプレーオフの結果、小野選手が優勝、2位には進藤選手、3位タイには片山貴由選手と島田修選手が入り、5位タイには加藤剛士選手と矢口敦士選手の2名が入った。
女子部門は、田中慈子選手が153ストロークで優勝、2位には髙橋美絵選手、3位には鏑木友子選手が入った。
なお、本競技の男子部門上位44名、女子部門22名が9月17日、18日に茨城県のオールドオーチャードゴルフクラブで開催する全日本に進出した。

 

2014/07/27

H26北海道・青森ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月25日に北海道のダイナスティゴルフクラブで行われた北海道・青森地区決勝は、75ストロークで並んだ福住幸久選手と佐々木弘毅選手のプレーオフの結果、福住選手が優勝、3位には金澤哲夫選手が入った。
なお、本競技の上位2名が9月17日、18日に茨城県のオールドオーチャードゴルフクラブで開催する全日本に進出した。

 

2014/07/27

H26東日本ミッドアマ選手権A地区決勝結果

  7月22日、23日に長野県の鹿島南蓼科ゴルフコースで行われた東日本A地区決勝は、池田玄順選手が143ストロークで優勝、2位には竹内貴広選手、3位タイには小川文平選手、木下輝洋選手の2名が入り、5位には岡野智弘選手が入った。
なお、本競技の上位40名が9月17日、18日に茨城県のオールドオーチャードゴルフクラブで開催する全日本に進出した。

 

2014/07/22

H26西日本ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月17日、18日に兵庫県のグランドオークプレイヤーズコースで行われた西日本地区決勝は、男子部門は林伸行選手が141ストロークで優勝、2位には宮本正大選手、3位タイには大川聖一選手と牧慎稔選手が入り、5位には尾埜文彦選手が入った。
女子部門は、宮坂月子選手が148ストロークで優勝、2位には牧草眞由美選手、3位タイには白井晶子選手、有延さおり選手、大仲桃恵選手の3名が入った。
なお、本競技の男子部門上位41名、女子部門12名が9月17日、18日に茨城県のオールドオーチャードゴルフクラブで開催する全日本に進出した。

 

2014/06/23

第48回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  6月18日、19日に栃木県大田原市の那須野ヶ原カントリークラブ(6,681Yards/Par71)で開催した全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、関将太選手(ウィンザーパーク)が135ストローク通算7アンダーで優勝を飾った。2位タイには137ストロークの大嶋炎選手(米子)と百目鬼光紀選手(那須野ヶ原)がつけ、4位タイに南沢弥選手(富士・山中湖)、加治屋舜介選手(ムーンレイク市原)、星野陸也選手(ウィンザーパーク)、小斉平優和選手(米子)の4選手が入った。

写真:左から南選手、大嶋選手、関選手、百目鬼選手、加治屋選手

 

2014/06/06

第14回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  6月4日、5日に兵庫県神戸市の北神戸ゴルフ場(6,114Yards/Par72)で開催した全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、柴田香奈選手(那須野ヶ原)が142ストローク通算2アンダーで優勝を飾った。2位タイには145ストロークの橋本千里選手(森林公園)と岡山絵里選手(シード・京阪)がつけ、4位タイに林菜乃子選手(富士グリーンヒル)、倉永光里選手(よみうり)、逢澤菜央選手(京阪)、井上沙紀選手(ひぐち時津)の4選手が入った。

写真:左から林選手、橋本選手、柴田選手、岡山選手、倉永選手

 

2014/05/26

H26東日本パブリック選手権A地区決勝結果

  5月21日、22日に茨城県のウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブで行われた東日本A地区決勝は、坂本雄介選手が139ストローク通算5アンダーで優勝した。2位には140ストロークの大塚大樹選手が入り、3位には斉藤優作選手、4位タイには河田丈一郎選手、神谷健太選手、星野陸也選手、林侃汰朗選手の4名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位41名が6月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2014/05/26

H26東日本パブリック選手権B地区決勝結果

  5月21日、22日に山梨県の山中湖畔 富士ゴルフコースで行われた東日本B地区決勝は、豊山良選手が140ストローク通算4アンダーで優勝した。2位には144ストロークの中島啓太選手が入り、3位には越川直毅選手、4位には大森崇弘選手、5位には南沢弥選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位35名が6月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2014/05/26

H26中部日本パブリック選手権地区決勝結果

  5月21日、22日に富山県の小杉カントリークラブで行われた中部日本地区決勝は、織田信亮選手が140ストローク通算4アンダーで優勝した。2位には141ストロークの岡崎錬選手が入り、3位には小木曽喬選手、4位には加藤勇希選手、5位には元田大貴選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位36名が6月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2014/05/26

H26西日本パブリック選手権四国地区決勝結果

  5月21日、22日に徳島県のコート・ベール徳島ゴルフクラブで行われた西日本四国地区決勝は、遠藤健太選手が148ストローク通算4オーバーで優勝した。2位タイには151ストロークの坂本将規選手、杉原大河選手の2名が入り、4位には関藤侑嗣選手、5位には谷本伊知郎選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位9名が6月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2014/05/22

H26西日本パブリック選手権九州地区決勝結果

  5月20日、21日に宮崎県のトム・ワトソンゴルフコースで行われた西日本九州地区決勝は、芹澤慈眼選手が152ストローク通算8オーバーで優勝した。2位タイには153ストロークの篠原仕師命選手、菅卓人選手、葛城史馬選手、池田悠希選手、宮里拓弥選手の5名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位8名が6月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2014/05/20

H26西日本パブリック選手権関西地区決勝結果

  5月13日、14日に兵庫県のマスターズゴルフ倶楽部で行われた西日本関西地区決勝は、徳永圭太選手が139ストローク通算5アンダーで優勝した。2位には140ストロークの石過功一郎選手がつけ、3位に岩田大河選手、4位タイには久保田皓也選手と牧慎稔選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位34名が6月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2014/05/19

H26西日本パブリック選手権中国地区決勝結果

  5月15日、16日に鳥取県の米子ゴルフ場で行われた西日本中国地区決勝は、金谷拓実選手が141ストローク通算1アンダーで優勝した。2位には143ストロークの大嶋炎選手がつけ、3位に島野璃央選手、4位に藤山大耀選手、5位に小斉平優和選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位7名が6月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2014/05/10

H26西日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月9日に岡山県の奥津ゴルフ倶楽部で行われた西日本女子地区決勝は、石川明日香選手が5アンダーで優勝した。2位には松本春香選手がつけ、3位タイには大西樹里選手、薮下真衣選手、平岡瑠依選手、辻岡愛理選手の4選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位83名が6月4日、5日に兵庫県の北神戸ゴルフ場で開催する全日本に進出した。

 

2014/05/10

H26中部日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月8日、9日に愛知県のウッドフレンズ森林公園ゴルフ場で行われた中部日本女子地区決勝は、吉本ひかる選手が145ストローク通算1オーバーで優勝した。2位タイには松田鈴英選手、橋本千里選手の2選手がつけ、4位タイには吉本七海選手と山下美樹選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位20名が6月4日、5日に兵庫県の北神戸ゴルフ場で開催する全日本に進出した。

 

2014/05/10

H26東日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月8日に栃木県のイーストウッドカントリークラブで行われた東日本女子地区決勝は、植竹希望選手が1アンダーで優勝した。2位には河本結選手、3位タイには西野桜選手、青野紗也選手の2選手がつけ、5位タイには中村英美選手、佐藤優選手、河村菜奈選手、桑原萌選手、高橋彩華選手の5選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位76名が6月4日、5日に兵庫県の北神戸ゴルフ場で開催する全日本に進出した。

 

2014/05/09

H26東日本パブリック選手権C地区決勝結果

  5月5日、6日に千葉県の千葉よみうりカントリークラブで行われた東日本C地区決勝は、山城康博選手が138ストローク通算4アンダーで優勝した。2位には140ストロークの加治屋舜介選手がつけ、3位に川上優大選手、4位に河内勝行選手、5位に坂場将希選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位28名が6月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2013/10/21

H25全日本シニア・女子シニア・ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  10月16日、17日に茨城県東茨城郡のウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブ(男子:6,613Yards/Par72、女子:5,627Yards/Par72、ミッド:6,268Yards/Par72)にて開催した第19回全日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、第19回全日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、第10回全日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、台風26号接近のため18ホール・ストロークプレーに短縮し行われた。
男子シニアは、3アンダーで回った松本英司選手(シード・名古屋広幡)が優勝。女子シニアは、4オーバーで回った小田倉富士子選手(紫あやめ36)が優勝。ミッドシニアは、1オーバーで回った平澤良雄選手(ウィンザーパーク)が優勝した。

写真は左から、男子シニア上位者、女子シニア上位者、ミッドシニア上位者。

 

2013/10/01

西日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月25日、26日に鳥取県の米子ゴルフ場で行われた西日本地区決勝は、男子シニアは辻田昭吾選手(よみうり)が146ストロークで優勝、2位には増元公男選手(武庫ノ台)、3位には喜田浩選手(高松)が入った。
女子シニアは、大畑曰香選手(大阪)が158ストロークで優勝、2位には渡辺のり子選手(ダンロップ)、3位には石川小百合選手(シード・米子)が入った。
ミッドシニアは、水野進一選手(シード・よみうり)が147ストロークで優勝、2位には菅原健選手(シード・西神戸)、3位には厚見信一郎選手(グランドオーク)が入った。

なお、本競技の男子シニア上位24名、女子シニア8名、ミッドシニア19名が10月16日、17日に茨城県のウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブで開催される全日本に進出した。

写真:左から男子シニア上位4名、女子シニア上位3名、ミッドシニア上位3名

 

2013/09/30

中部日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月26日、27日に愛知県のウッドフレンズ森林公園ゴルフ場で行われた中部日本地区決勝は、男子シニアは鍵谷秀一選手(森林公園)が150ストロークで並んだ近藤顕一選手(名古屋港)、井上晴雅選手(森林公園)とのプレーオフを制し優勝した。
女子シニアは、早田佳世子選手(シード・森林公園)が155ストロークで優勝、2位タイには田島和美選手(名古屋港)と八田美恵子選手(シード・名古屋広幡)が入った。
ミッドシニアは、佐藤勝美選手(グランシエロ)が145ストロークで優勝、2位タイには佐藤文雄選手(名古屋港)と天野和雄選手(名古屋港)が入った。

なお、本競技の男子シニア上位27名、女子シニア10名、ミッドシニア20名が10月16日、17日に茨城県のウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブで開催される全日本に進出した。

写真:左から男子シニア上位5名、女子シニア上位3名、ミッドシニア上位2名

 

2013/09/27

東日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月25日、26日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで行われた東日本地区決勝は、男子シニアは紺野秋雄選手(ウィンザーパーク)が148ストロークで優勝、

2位には五味俊彦選手(シード・清里)、3位には白井健司選手(オールドオーチャード)が入った。
女子シニアは、小田倉富士子選手(紫あやめ36)が161ストロークで優勝、2位には横須賀恵子選手(ウィンザーパーク)、3位タイには武田妙子選手(シード・紫あやめ36)と桝田由美子選手(八千代)が入った。
ミッドシニアは、平澤良雄選手(ウィンザーパーク)が143ストロークで優勝、2位には矢吹元良選手(シード・紫あやめ36)、3位には遠藤斌選手(シード・八千代)が入った。

なお、本競技の男子シニア上位47名、女子シニア14名、ミッドシニア21名が10月16日、17日に茨城県のウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブで開催される全日本に進出した。

写真:左から男子シニア上位5名、女子シニア上位3名、ミッドシニア上位3名

 

2013/09/19

第7回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技結果

  9月18日、19日に滋賀県甲賀市のベアズパウジャパンカントリークラブ(男子:7,006Yards/Par72、女子:6,262Yards/Par72)にて第7回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権を開催した。
男子部門は141ストロークの3アンダーで回った谷本伊知郎選手(シード・高松)が優勝。女子部門は152ストロークの8オーバーで回った牧草眞由美選手(ダンロップ)が優勝した。

 

2013/08/01

東日本ミッドアマ選手権A地区決勝結果

  7月31日、8月1日に茨城県のオールドオーチャードゴルフクラブで行われた東日本A地区決勝は、田中良博選手が145ストロークで並んだ木村裕治選手とのプレーオフを制し優勝した。
なお、本競技の上位38名が9月18日、19日に滋賀県のベアズパウジャパンカントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2013/07/30

中部日本ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月29日、30日に岐阜県の正眼寺カントリークラブで行われた中部日本地区決勝は、男子部門は山中敏靖選手が142ストロークで優勝、2位タイには金原誠治朗選手、横山浩康選手、中嶌克佳選手の3名が入った。
女子部門は、吉川美香選手が157ストロークで優勝、2位には松久悦子選手、3位には藤井はづき選手が入った。

なお、本競技の男子部門上位32名、女子部門6名が9月18日、19日に滋賀県のベアズパウジャパンカントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2013/07/26

北海道・青森ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月26日に北海道のダイナスティゴルフクラブで行われた北海道・青森地区決勝は、工藤一幸選手が74ストロークで優勝した。2位タイには澤田憲一郎選手と佐々木弘毅の2名が入った。
なお、本競技の上位3名が9月18日、19日に滋賀県のベアズパウジャパンカントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2013/07/26

西日本ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月25日、26日に兵庫県のダンロップゴルフコースで行われた西日本地区決勝は、男子部門は真部幸一郎選手が141ストロークで優勝した。
女子部門は、森玲子選手が151ストロークで並んだ大仲桃恵選手、牧草眞由美選手とのプレーオフを制し優勝。
なお、本競技の男子部門上位56名、女子部門16名が9月18日、19日に滋賀県のベアズパウジャパンカントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2013/07/25

東日本ミッドアマ選手権B地区・女子決勝結果

  7月22日、23日に東京都のよみうりゴルフ倶楽部で行われた東日本B地区決勝は、白石哲也選手が143ストロークで優勝した。2位に146ストロークの中山和成選手がつけ、3位タイに中戸孝嘉選手、小野竜彦選手、太田智喜選手の3選手が入った。
東日本女子決勝は、長野美代子選手が154ストロークで優勝。2位に宮下ひとみ選手、3位に久常晴美選手が入った。
なお、本競技の男子部門上位32名、女子部門16名が9月18日、19日に滋賀県のベアズパウジャパンカントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2013/06/20

第47回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  6月19日、20日に兵庫県のよみうりゴルフ ウエストコース(7,196Yards/Par72)で開催した全日本パブリック選手権は、荒天のため18ホール・ストロークプレーに短縮し行われた。尾﨑秀平選手(朝霞)が71ストロークの1アンダーで優勝を飾った。2位には72ストロークの竹山昂成選手(グランドオーク)がつけ、3位タイに宮原雅人選手(シード:森林公園)、仲盛将司選手(シード:高松)、杉原大河選手(丸亀)の3選手が入った。

写真:左から仲盛選手、竹山選手、尾﨑選手、宮原選手、杉原選手

 

2013/06/06

第13回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  6月5日、6日に三重県のアリジカントリークラブ花垣コース(6,267Yards/Par72)で、岡山絵里選手(京阪)が139ストローク通算5アンダーで全日本大会2度目の優勝を飾った。2位タイには140ストロークの鈴木萌子選手(千葉よみうり)と石川彩選手(朝霞)がつけ、4位には安田彩乃選手(千葉よみうり)、5位タイに篠原真里亜選手(ひぐち時津)と松原由美選手(千葉よみうり)の2選手が入った。

写真:左から安田選手、鈴木選手、岡山選手、石川選手、篠原選手

 

2013/05/27

西日本パブリック選手権中国地区決勝結果

  5月22日、23日に岡山県の水島ゴルフリンクスで行われた西日本中国地区決勝は、島野 璃央選手が138ストローク通算6アンダーで優勝した。2位タイには139ストロークの金谷拓実選手と山根大輝選手がつけ、4位には岡田絃希選手、5位タイに小坂凌太選手と大嶋炎選手の2選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位9名が6月19日、20日に兵庫県のよみうりゴルフ ウエストコースで開催される全日本に進出した。

 

2013/05/23

東日本パブリック選手権C地区決勝結果

  5月21日、22日に千葉県の八千代ゴルフクラブで行われた東日本C地区決勝は、荒井健人選手が136ストローク通算8アンダーで優勝した。2位には141ストロークの美村凌我選手がつけ、3位タイには金田直之選手、山田直紀選手、5位タイに永野雄亮選手、小野耕平選手、染谷大貴選手、塩田一史選手の4選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位23名が6月19日、20日に兵庫県のよみうりゴルフ ウエストコースで開催される全日本に進出した。

 

2013/05/23

東日本パブリック選手権A地区決勝結果

  5月16日、17日に千葉県の紫あやめ36で行われた東日本A地区決勝は、室井大我選手が142ストローク通算2アンダーで並んだ岩瀬光選手をプレーオフで下し優勝した。3位に篠優希選手、4位に神谷優太選手、5位タイには勝俣陵選手と小川遼太郎選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位25名が6月19日、20日に兵庫県のよみうりゴルフ ウエストコースで開催される全日本に進出した。

 

2013/05/23

西日本パブリック選手権関西地区決勝結果

  5月16日、17日に兵庫県のグランドオークプレイヤーズコースで行われた西日本関西地区決勝は、寺田天我選手が141ストローク通算3アンダーで優勝した。2位は松村大輝選手、3位は小斉平優和選手、4位は一瀬英次選手、5位には柴田将弥選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位48名が6月19日、20日に兵庫県のよみうりゴルフ ウエストコースで開催される全日本に進出した。

 

2013/05/23

西日本パブリック選手権四国地区決勝結果

  5月15日、16日に徳島県のコート・ベール徳島ゴルフクラブで行われた西日本四国地区決勝は、杉原大河選手が144ストローク通算イーブンパーで優勝した。2位タイには145ストロークの谷本伊知郎選手と亀代順哉選手がつけ、4位に仲盛将司選手、5位タイには遠藤健太選手と尾崎竜二選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位8名が6月19日、20日に兵庫県のよみうりゴルフ ウエストコースで開催される全日本に進出した。

 

2013/05/23

西日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月10日に兵庫県の武庫ノ台ゴルフコースで行われた西日本女子地区決勝は、宮崎乙実選手が1アンダーで優勝した。2位タイには岡山絵里選手と西畑萌香選手の2選手がつけ、4位タイには篠原真里亜選手、澤田知佳選手、公受貴久美選手、辻岡愛理選手の4選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位60名が6月5日、6日に三重県のアリジカントリークラブ花垣コースに開催される全日本に進出した。

 

2013/05/10

中部日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月9日、10日に三重県のグランシエロゴルフ倶楽部で行われた中部日本女子地区決勝は、結城里麻選手が142ストローク通算2アンダーで優勝した。2位タイには143ストロークの平井亜実選手、橋本千里選手、古川茉由夏選手の3選手がつけ、5位に立浦葉由乃選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位38名が6月5日、6日に三重県のアリジカントリークラブ花垣コースに開催される全日本に進出した。

 

2013/05/06

東日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月6日に千葉県の千葉よみうりカントリークラブで行われた東日本女子地区決勝は、松原由美選手がスコア73で並んだ美馬つかさ選手をプレーオフで下し優勝した。3位タイにはスコア74で高橋樹里選手、山口すず夏選手、伊藤栞奈選手の3選手がつけた。
なお、本競技地区決勝の上位81名が6月5日、6日に三重県のアリジカントリークラブ花垣コースに開催される全日本に進出した。

 

2013/02/25

ジャパンゴルフフェア2013に出展しました

  第47回ジャパンゴルフフェア2013(主催:社団法人日本ゴルフ用品協会)に今年も出展しました。
会場には3日間トータルで55,115名の来場され、PGSブースにもたくさんのお客様がお越しになりました。
ありがとうございました。

 

2012/10/19

平成24年度全日本シニアパブリック選手権開催

  全日本シニア・女子シニア・ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、兵庫県神戸市の西神戸ゴルフ場(シニア:6,421Yards、女子:5,575Yards、ミッド:6,037Yards/Par72)で、10月17日、18日に36ホールストロークプレーで行われ、男子シニアは永井文雄選手(シード・よみうり)が通算149の5オーバーで優勝を飾った。
女子シニアは、濱口玲子選手(よみうり)が通算161、1打差で2位の武田妙子選手(紫あやめ)を振り切って優勝。
ミッドシニアは、蔡秋明選手(西神戸)が通算146で2位の山川敬止選手に6打差をつけて優勝した。

 

2012/10/02

平成24年度 東日本シニア・女子シニア・ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  東日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、東日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、東日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、茨城県筑西市の下館ゴルフ倶楽部(男子:6,245Yards、女子:5,746Yards、ミッド:6,245Yards/Par72)で、9月25日、26日に36ホールストロークプレーで行われ、男子シニアは平山康則選手(昭和の森)が通算143の1アンダーで優勝を飾った。
女子シニアは、伊藤美恵子選手(シード・紫あやめ36)と藤伊津子選手(シード・紫あやめ36)が通算154の10オーバーで並びプレーオフの結果、伊藤選手が優勝を飾った。
ミッドシニアは、矢吹元良選手(シード・紫あやめ36)が通算144のイーブンパーで優勝を飾った。
尚、男子シニア上位31名、女子シニア上位13名、ミッドシニア上位16名が10月17日、18日に西神戸ゴルフ場で開催される全日本シニアへ進出した。

 

2012/09/22

平成24年度 西日本シニア・女子シニア・ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  西日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、西日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、西日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、兵庫県加西市の青野運動公苑アオノゴルフコース(男子:6,425Yards、女子:5,887Yards、ミッド:6,425Yards/Par72)で、9月20日、21日に36ホールストロークプレーで行われ、男子シニアは丸山武志選手(シード・アオノ)と丹羽俊一選手(ダンロップ)が、通算141の3アンダーで並びプレーオフの結果、丸山選手が優勝を飾った。
女子シニアは、石川小百合選手(シード・米子)と富田佳子選手(高松)が通算161の17オーバーで並びプレーオフの結果、石川選手が優勝を飾った。
ミッドシニアは、菅原健選手(西神戸)が通算146の2オーバーで優勝を飾った。
尚、男子シニア上位36名、女子シニア上位12名、ミッドシニア上位25名が10月17日、18日に西神戸ゴルフ場で開催される全日本シニアへ進出した。

 

2012/09/21

平成24年度 中部日本シニア・女子シニア・ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  中部日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、中部日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、中部日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、三重県伊賀市のアリジカントリークラブ花垣コース(男子:6,693Yards、女子:5,815Yards、ミッド:6,380Yards/Par72)で、9月19日、20日に36ホールストロークプレーで行われ、男子シニアは金村正春選手(シード・名古屋港)が通算149の5オーバーで優勝を飾った。
女子シニアは、八田美恵子選手(シード・名古屋広幡)が通算163の19オーバーで優勝を飾った。
ミッドシニアは、五十川康雄選手(名古屋港)が通算151の7オーバーで優勝を飾った。
尚、男子シニア上位26名、女子シニア上位8名、ミッドシニア上位16名が10月17日、18日に西神戸ゴルフ場で開催される全日本シニアへ進出した。

写真は左から男子シニア優勝:金村選手、女子シニア優勝:八田選手、ミッドシニア優勝:五十川選手

 

2012/09/07

平成24年度 第6回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技開催

  創立50周年記念・第6回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は、徳島県阿南市のコート・ベール徳島ゴルフクラブ(男子:7,011Yards、女子:6,070Yards/男女ともPar72)で、9月5日、6日に36ホールストロークプレーで行われ、男子部門は尾崎竜二選手(コート・ベール徳島)と谷本伊知郎選手(シード・高松)が通算138の6アンダーで並びプレーオフの末、尾崎選手が優勝を飾った。
女子部門は、初日トップと2打差の2位タイにつけていた鈴木智子選手(シード・名古屋広幡)が、2日目75で回り通算149ストロークの5オーバーで逆転優勝を飾った。

 

2012/08/28

平成24年度北海道・青森パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  北海道・青森パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は8月27日(月)、28日(火)、北海道恵庭市の隨縁カントリークラブ恵庭コース(6,914ヤード・パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日66で回りトップにたった宮本太郎選手=隨縁=が2日目74としトータル140、通算4アンダーで逃げ切り優勝を飾った。

尚、上位3名が、平成25年6月に行われる全日本大会への出場権を得た。

 

2012/08/12

平成24年度東日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技A地区決勝開催

  東日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技A地区決勝は7月31日(火)、8月1日(水)、茨城県東茨城郡のウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブ(7,049ヤード・パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日70で回りトップにたった大山和則選手=シード・下館=が2日目72としトータル142、通算2アンダーで逃げ切り優勝を飾った。

尚、上位38名が、9月にコート・ベール徳島ゴルフクラブ(徳島県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

 

2012/08/02

ゴルフ場利用税廃止運動全国一斉陳情活動を実施しました。

  当協会を含めゴルフ関連16団体で組織するゴルフ場利用税廃止運動推進本部は7月30日、全国一斉陳情活動を実施しました。

中央では、ゴルフ関連団体代表者等が集結し、ゴルフ振興議員連盟総会(自民党)、スポーツゴルフ確立のための議員連盟総会(超党派)での要望活動に続き、総務省にて、川端達夫総務大臣に約122万人に及ぶ利用税廃止要望署名簿と要望書を提出しました。
また、47都道府県においては、各都道府県ゴルフ競技団体とゴルフ場支配人会の代表者に連携いただき、各知事宛に同要望書を提出しました。

ゴルフ場利用税廃止運動の署名活動にご協力いただきましたゴルファーの皆様にを感謝申し上げます。

 

2012/08/02

平成24年度中部日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技開催

   中部日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技男女部門決勝は7月26日(木)、27日(金)、三重県津市のグランシエロゴルフ倶楽部(男子6,722ヤード・パー72、女子5,912ヤード・パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

男子部門は、初日トップタイにつけた小山正行選手=名古屋港=が2日目73で回りトータル144、通算イーブンパーで大会初優勝。女子部門は初日トップと3打差の2位タイにつけた鈴木智子選手=シード・名古屋広幡=が2日目71で回りトータル147、通算3オーバーとし、逆転優勝を飾った。

尚、男子部門上位34名、女子部門上位7名が、9月にコート・ベール徳島ゴルフクラブ(徳島県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から男子部門優勝・小山選手、女子部門優勝・鈴木選手)

 

2012/07/30

平成24年度西日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技開催

  西日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技男女部門決勝は7月26日(木)、27日(金)、兵庫県西宮市のよみうりゴルフ ウエストコース(男子7,196ヤード・パー72、女子6,189ヤード・パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

男子部門は、初日71で回りトップにたった恒藤高弘選手=北神戸=が2日目74のトータル145、通算1オーバーで逃げ切り大会初優勝。女子部門も初日76でトップの大仲桃恵選手=シード・グランドオーク=が2日目78としトータル154、通算10オーバーで逃げ切り大会初優勝を飾った。

尚、男子部門上位56名、女子部門上位17名が、9月にコート・ベール徳島ゴルフクラブ(徳島県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

 

2012/07/30

平成24年度北海道・青森地区パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技男子決勝開催

  北海道・青森地区パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技男子決勝は7月27日(金)、北海道北広島市のダイナスティゴルフクラブ(7,053ヤード・パー72)にて、18ホールストロークプレーで行われた。

2位に3打差の74で回った髙橋光国選手=隨縁=が大会初優勝を飾った。

尚、上位3名が、9月にコート・ベール徳島ゴルフクラブ(徳島県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

 

2012/07/26

平成24年度東日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技B地区・女子決勝開催

  東日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技B地区・女子決勝は7月24日(火)、25日(水)、長野県茅野市の鹿島南蓼科ゴルフコース(男子6,638ヤード・パー72、女子6,233ヤード・パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

男子部門は、初日トップと1打差の2位につけた深沢元選手=清里=が2日目3バーディ、3ボギーの72で回りトータル144、通算イーブンパーで逆転し大会初優勝。女子部門は初日トップタイの宮下ひとみ選手=八千代=が2日目79でトータル155、通算11オーバーとし、こちらも大会初優勝を飾った。

尚、男子部門上位28名、女子部門上位16名が、9月にコート・ベール徳島ゴルフクラブ(徳島県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から男子部門優勝・深沢選手、女子部門優勝・宮下選手)

 

2012/06/12

平成24年度第1回通常社員総会、創立50周年記念パーティー開催

  6月11日(月)、八重洲富士屋ホテル(東京都)にて平成24年度第1回通常社員総会と創立50周年記念パーティーが開催された。記念パーティーには約130名の協会加盟コース、協会OB、歴代優勝者、ゴルフ関連団体、メディア等の関係者が参加した。

記念パーティーに先立ち開催された社員総会では、浅井光昭会長に代わり、三野哲治新会長が就任し、「創立以来の理念と精神を念頭に置き、ゴルフ界関係者、並びに会員の皆様と共に、ゴルフ界の活性化に精一杯努めたい」と就任あいさつを行った。

パーティーには、第6回全日本パブリック選手権を制した中嶋常幸プロも列席いただき、パブリック選手権の思い出などをお話しいただいた。

 

2012/06/07

平成24年度 第46回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  創立50周年記念・第46回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、千葉県野田市の紫あやめ36・EASTコース(6,447Yards/Par71)で、6月5日、6日に36ホールストロークプレーで行われ、初日70で回り4位タイにつけていた北村聡馬選手(亀山)が、2日目4バーディ1ボギーの68、通算138の4アンダーでラウンドし逆転、今大会初優勝を飾った。

尚、この模様は7月2日(月)22:30~23:00他にゴルフネットワークにて放映されます。

 

2012/06/01

平成24年度 第12回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  創立50周年記念・第12回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、千葉県八千代市の八千代ゴルフクラブ(6,210Yards/Par72)で、5月30日、31日に36ホールストロークプレーで行われ、初日74で回り2位タイにつけていた保坂真由選手(新玉村)が、2日目5バーディ1ボギーの68、通算142の2アンダーでラウンドし逆転、今大会初優勝を飾った。

尚、この模様は7月2日(月)22:30~23:00他にゴルフネットワークにて放映されます。

 

2012/05/18

平成24年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技B地区決勝開催

  平成24年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技B地区決勝は、長野県諏訪郡の富士見高原ゴルフコースで、5月16日、17日に36ホールストロークプレーで行われ、141の3アンダーで回った岩波肇選手が2位に3打差をつけ優勝を飾った。

東日本B地区からは、31位タイの上位31名(マッチングスコアカード方式による)が、6月5日、6日に紫あやめ36(千葉県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2012/05/18

平成24年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技中国地区決勝開催

  平成24年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技中国地区決勝は、広島県福山市のマーメイド福山ゴルフクラブで、5月15日、16日に36ホールストロークプレーで行われ、142の2アンダーで回った小坂凌太選手が、里見侑亮選手とのプレーオフを制し優勝した。

西日本中国地区からは、8位タイの上位9名(マッチングスコアカード方式による)が、6月5日、6日に紫あやめ36(千葉県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2012/05/18

平成24年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技四国地区決勝開催

  平成24年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技四国地区決勝は、徳島県阿南市のコート・ベール徳島ゴルフクラブで、5月16日、17日に36ホールストロークプレーで行われ、141の3アンダーで回った尾崎竜二選手が2位に4打差をつけ優勝を飾った。

西日本四国地区からは、7位タイの上位7名(マッチングスコアカード方式による)が、6月5日、6日に紫あやめ36(千葉県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2012/05/18

平成24年度中部日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成24年度中部日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、愛知県弥富市の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)で、5月16日、17日に36ホールストロークプレーで行われ、141の3アンダーで回った太田大士選手が2位に2打差をつけ優勝を飾った。

中部日本地区からは、27位タイの上位31名(マッチングスコアカード方式による)が、6月5日、6日に紫あやめ36(千葉県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2012/05/18

平成24年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技A地区決勝開催

  平成24年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技A地区決勝は、栃木県那須郡のうぐいすの森ゴルフクラブ&ホテル馬頭で、5月12日、13日に36ホールストロークプレーで行われ、139の5アンダーで回った遠藤孝選手が2位に4打差をつけ優勝を飾った。

東日本A地区からは、35位タイの上位35名(マッチングスコアカード方式による)が、6月5日、6日に紫あやめ36(千葉県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2012/05/13

平成24年度東日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成24年度東日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、長野県北佐久郡の三井の森軽井沢カントリー倶楽部で、5月13日に18ホールストロークプレーで行われ、70の2アンダーで回った浜上佳奈選手が長谷川理那選手とのプレーオフを制し優勝を飾った。

東日本地区からは、99位タイの上位105名(マッチングスコアカード方式による)が、5月30日、31日に八千代ゴルフクラブ(千葉県)で行われる全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2012/05/11

平成24年度西日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成24年度西日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、兵庫県神戸市のダンロップゴルフコースで、5月11日に18ホールストロークプレーで行われ、67の5アンダーで回った松原由美選手が西日本女子パ選地区決勝での最年少優勝を飾った。

西日本地区からは、55位タイの上位58名(マッチングスコアカード方式による)が、5月30日、31日に八千代ゴルフクラブ(千葉県)で行われる全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2012/05/10

平成24年度中部日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成24年度中部日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、愛知県弥富市の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)で、5月10日に18ホールストロークプレーで行われ、69の3アンダーで回った野澤真央選手が2位に4打差をつけ優勝を飾った。

中部日本地区からは、14位タイの上位16名(マッチングスコアカード方式による)が、5月30日、31日に八千代ゴルフクラブ(千葉県)で行われる全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2012/04/09

平成24年度全日本パブリック選手権、全日本女子パブリック選手権テレビ放映決定

  第46回全日本パブリック選手権(紫あやめ36)、第12回全日本女子パブリック選手権(八千代GC)の模様が、ゴルフネットワークで放映されます。

放映日:6月下旬~7月上旬(予定)
※放映日が決まり次第、ホームページにて発表いたします。

 

2012/02/20

ジャパンゴルフフェア2012ご来場ありがとうございました

  今年も2/17~19の3日間で5万人以上の方々が来場したジャパンゴルフェア2012。
50周年を迎える当協会のブースにも連日大勢のお客様がお越しになり、大盛況のうちに終えることができました。
誠にありがとうございました。

 

2012/02/01

ジャパンゴルフフェア2012に出展します

  今年も『ジャパンゴルフフェア2012』に出展します。
クイズに正解すると、キャップやバイザーさらには1,000円割引券をもれなくプレゼント!
是非、アトリウム内のPGSブースまでお越しください。
よろしくお願いします。

ジャパンゴルフフェア2012
主催:社団法人日本ゴルフ用品協会
期間:2012年2月17日~19日
会場:東京ビッグサイト

 

2012/01/13

2012年ゴルフ新年会、日本ゴルフサミット会議開催

  1月13日(金)、都内ホテルにてゴルフ関連団体が主催するゴルフ新年会が開催された。同新年会には約750名のゴルフ関連企業、メディア等の関係者が参加し、親睦を深めた。

新年会パーティーに先立ち開催された日本ゴルフサミット会議ではゴルフ17団体のトップが一堂に会し、2012年のゴルフ界全体の活動計画について議論され「1.ゴルフ界は積極的にグリーン・ティー・チャリティーに取り組む」「2.ゴルフ界は環境問題に積極的に取り組む」「3.ゴルフ場利用税撤廃運動の継続」「4.国家公務員倫理規定における「ゴルフ」の削除」「5.ゴルフ活性化の取組み」の5項目に取り組むことを決定した。

また、スポーツジャーナリスト・二宮清純氏による新春特別企画講演「がんばれゴルフ、活性化への提言」も開催。立見が出るほど大盛況の中、1時間の講演を行った。

【ゴルフ新年会主催17団体】 ※順不同
(財)日本ゴルフ協会、公益社団法人日本パブリックゴルフ協会、公益社団法人ゴルフ緑化促進会、(社)日本ゴルフ事業協会、(社)全日本ゴルフ練習場連盟、(社)日本ゴルフ用品協会、一般社団法人日本ゴルフトーナメント振興協会、(社)日本プロゴルフ協会、(社)日本ゴルフツアー機構、(社)日本女子プロゴルフ協会、日本ゴルフ関連団体協議会、NPO日本芝草研究開発機構、全国ゴルフ会員権取引業団体連絡会、全国ゴルフ場関連事業協会、日本ゴルフコース設計者協会、日本ゴルフジャーナリスト協会、日本ゴルフ場支配人会連合会

 

2011/10/21

第8回全日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  第8回全日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は10月19日(水)、20日(木)、群馬県高崎市の榛名の森カントリークラブ(6260ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日71でトップにつけていた堀田昇選手=森林公園=が2日目76をマークしトータル147、通算3オーバーで逃げ切り優勝を飾った。

(写真は左から2位・会沢選手、優勝・堀田選手、3位・伊藤選手)

 

2011/10/21

第17回全日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  第17回全日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は10月19日(水)、20日(木)、群馬県高崎市の榛名の森カントリークラブ(5883ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日トップと7打差の5位タイにつけていた高木美知子選手=シード・昭和の森=が2日目77をマークしトータル159、通算15オーバーで逆転優勝を飾った。

(写真は左から2位・桝田選手、優勝・高木選手、3位・君塚選手)

 

2011/10/21

第17回全日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  第17回全日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は10月19日(水)、20日(木)、群馬県高崎市の榛名の森カントリークラブ(6479ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日トップタイにつけていた西田哲三選手=妻沼=が2日目74をマークしトータル145、通算1オーバーで優勝を飾った。

(写真は左から4位・岩井選手、2位・小川選手、優勝・西田選手、3位・松山選手、5位・松本選手)

 

2011/10/04

平成23年度東日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  東日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は9月28日(水)、29日(木)、長野県北佐久郡の三井の森軽井沢カントリー倶楽部(6233ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日トップと10打差の19位タイにつけていた遠藤斌選手=シード・八千代=が2日目68で回りトータル149、通算5オーバーとし大逆転優勝を決めた。

尚、東日本地区からは、ミッドシニア上位22名が10月に榛名の森カントリークラブ(群馬県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から2位・渡辺選手、優勝・遠藤選手、3位・加藤選手)

 

2011/10/04

平成23年度東日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  東日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は9月28日(水)、29日(木)、長野県北佐久郡の三井の森軽井沢カントリー倶楽部(5559ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日トップと2打差の4位タイにつけていた上條春海選手=富士見高原=が2日目78で回りトータル160、通算16オーバーとし逆転優勝を飾った。

尚、東日本地区からは、女子シニア上位16名が10月に榛名の森カントリークラブ(群馬県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から2位・高木選手、優勝・上條選手、3位・桝田選手)

 

2011/10/04

平成23年度東日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  東日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は9月28日(水)、29日(木)、長野県北佐久郡の三井の森軽井沢カントリー倶楽部(6474ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日トップにつけていた岩波肇選手=シード・清里=が2日目72で回りトータル145、通算1オーバーで逃げ切り優勝を飾った。

尚、東日本地区からは、男子シニア上位38名が10月に榛名の森カントリークラブ(群馬県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から2位・高山選手、優勝・岩波選手、3位・下田選手、5位・一寸木選手)

 

2011/09/20

平成23年度中部日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  中部日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は9月14日(水)、15日(木)、岐阜県美濃加茂市の正眼寺カントリークラブ(6029ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日トップと2打差の2位タイにつけていた浜島厳選手=名古屋広幡=が2日目72で回りトータル145、通算1オーバーとし逆転優勝を飾った。

尚、中部日本地区からは、ミッドシニア上位16名が10月に榛名の森カントリークラブ(群馬県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から2位・小野田選手、優勝・浜島選手、3位・飯塚選手)

 

2011/09/20

平成23年度中部日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  中部日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は9月14日(水)、15日(木)、岐阜県美濃加茂市の正眼寺カントリークラブ(5602ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日トップと5打差の7位タイにつけていた井田和子選手=アリジ=が2日目77で回りトータル161、通算17オーバーとし逆転優勝を飾った。

尚、中部日本地区からは、女子シニア上位7名が10月に榛名の森カントリークラブ(群馬県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から2位・八田選手、優勝・井田選手、3位・国本選手)

 

2011/09/20

平成23年度中部日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  中部日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は9月14日(水)、15日(木)、岐阜県美濃加茂市の正眼寺カントリークラブ(6107ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日トップタイにつけていた小山正行選手=正眼寺=が2日目69で回りトータル139、通算5アンダーで逃げ切り優勝を飾った。

尚、中部日本地区からは、男子シニア上位23名が10月に榛名の森カントリークラブ(群馬県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から4位・深谷選手、2位・金村選手、優勝・小山選手、3位・島田選手、5位・吉田選手)

 

2011/09/09

第5回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技開催!

  第5回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は9月7日(水)、8日(木)、千葉県長生郡のラ・ヴィスタ ゴルフリゾート(男子6826ヤード、女子6171ヤード、ともにパー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

男子部門は、初日トップと1打差の4位タイにつけていた武内友基選手=シード・セントレジャー千葉=が2日目にこの日ベストスコアとなる69をマークしトータル140、通算4アンダーで逆転。大会初優勝を飾った。女子部門も初日トップと2打差の2位につけていた田中博子選手=紫・あやめ=が2日目に73をマークしトータル148、通算4オーバーで逆転し大会初優勝を決めた。

(写真は左から男子部門優勝・武内選手、女子部門優勝・田中選手)

 

2011/08/31

平成23年度北海道・青森パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成23年度北海道・青森パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、北海道恵庭市の隨縁カントリークラブ恵庭コース(6914ヤード・パー72)で、8月29日、30日の2日間36ホールストロークプレーで行われ、トータル145の1オーバーで回った佐藤太地選手(シード・CL札幌)と張營基選手(日刊アマ)との3ホールに及ぶプレーオフの末、佐藤選手が本大会初優勝を決めた。

北海道・青森地区からは、上位3名が平成24年度開催の全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。
(写真は左から2位・張選手、優勝・佐藤選手、3位・沢田選手)

 

2011/08/10

平成23年度東日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技A地区・女子決勝開催

  東日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技A地区・女子決勝は8月2日(火)、3日(水)、茨城県筑西市の下館ゴルフ倶楽部(男子6719ヤード・パー72、女子5857ヤード・パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

男子部門は、初日19位タイの木下輝洋選手=うぐいすの森水戸=が2日目に5バーディ、ノーボギーの67を叩き出し、トータル144、通算イーブンパーで8打差を大逆転し大会初優勝。女子部門は初日2位タイの海野睦美選手=シード・妻沼=が2日目71でトータル147、通算3オーバーとし、逆転優勝を飾った。

尚、男子部門上位34名、女子部門上位20名が、9月にラ・ヴィスタゴルフリゾート(千葉県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から男子部門優勝・木下選手、女子部門優勝・海野選手)

 

2011/08/01

平成23年度東日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技B地区決勝開催

  東日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技B地区決勝は7月25日(月)、26日(火)、東京都稲城市の東京よみうりカントリークラブ(6977ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日5位タイにつけていた水野潤一選手=シード・富士ゴルフコース=が2日目を75で回りトータル149。通算5オーバーで並んだ藤原功司選手=千葉よみうり=、有我栄一郎選手=富士見高原=、籠手田安朗選手=富士グリーンヒル=とのプレーオフを下し、水野選手が優勝を飾った。

尚、上位41名が、9月にラ・ヴィスタゴルフリゾート(千葉県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

 

2011/07/29

平成23年度中部日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技開催

  中部日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は7月28日(木)、29日(金)、愛知県尾張旭市の森林公園ゴルフ場(男子6674ヤード・パー71、女子5985ヤード・パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

男子部門は、初日2位タイにつけた土岐明彦選手=正眼寺=が2日目に73をマークし、トータル142、通算イーブンパーで1打差を逆転し優勝。女子部門は初日トップタイの吉川美香選手=シード・グランシエロ=が2日目78でトータル156、通算12オーバーとし、優勝を飾った。

尚、男子部門上位28名、女子部門上位6名が、9月にラ・ヴィスタゴルフリゾート(千葉県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から男子部門優勝・土岐選手、女子部門優勝・吉川選手)

 

2011/07/29

平成23年度北海道・青森パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技開催

  北海道・青森パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は7月29日(金)、北海道北広島市のセントレジャーゴルフクラブ札幌(パー72)にて、18ホールストロークプレーで行われた。

立花和博選手=シード・隨縁=が37、38の75。3オーバーで2位グループに3打差をつけ今大会初優勝を決めた。

尚、上位2名が9月にラ・ヴィスタゴルフリゾート(千葉県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

 

2011/07/22

平成23年度西日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技開催

  西日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は7月21日(木)、22日(金)、兵庫県神戸市の武庫ノ台ゴルフコース(男子6829ヤード、女子6086ヤード、ともにパー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

男子部門は、初日3位タイにつけた谷本伊知郎選手=高松=が2日目に69をマークし、トータル140、通算4アンダーで2打差を逆転し優勝。女子部門は初日トップの守谷敦子選手=シード・水島=が2位に5打差のトータル144、通算イーブンパーで逃げ切り大会3連覇を決めた。

尚、男子部門上位39名、女子部門上位9名が、9月にラ・ヴィスタゴルフリゾート(千葉県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から男子部門優勝・谷本選手、女子部門優勝・守谷選手)

 

2011/06/09

平成23年度全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  平成23年度全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、兵庫県加東市のグランドオークゴルフクラブ(6,975ヤード、パー72)にて、6月8日、9日の2日間36ホールストロークプレーで行われた。

初日68の4アンダーでトップタイにつけていた比嘉一貴選手=宜野座=(16歳)が、2日目67をマークし通算135の9アンダーで2位に4打差をつけ逃げ切り大会初優勝を決めた。

 

2011/06/02

平成23年度全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  平成23年度全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、滋賀県甲賀市のベアズパウジャパンカントリークラブ(6,262ヤード、パー72)にて、6月1日、2日の2日間36ホールストロークプレーで行われた。

初日75の3オーバー6位タイにつけていた岡山絵里選手=京阪=(14歳)が、2日目に69をマークし4打差を逆転。通算144のイーブンパーで大会最年少優勝を飾った。

 

2011/05/22

平成23年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技A地区決勝開催

  平成23年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技A地区決勝は、栃木県宇都宮市のイーストウッドカントリー倶楽部で、5月19日、20日の2日間36ホールストロークプレーで行われ、トータル145の1オーバーで回った金智宇選手(古河)が、2位グループに3打差をつけ優勝を飾った。

東日本A地区からは、22位タイ22名(マッチングスコアカード方式による)が6月8日、9日にグランドオークゴルフクラブ(兵庫県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/22

平成23年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技中国地区決勝開催

  平成23年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技中国地区決勝は、岡山県苫田郡の奥津ゴルフ倶楽部で、5月18日、19日の2日間36ホールストロークプレーで行われ、トータル145の1オーバーで回った加藤龍太郎選手(シード・岡山空港)が、2位グループに1打差をつけ優勝を飾った。

西日本中国地区からは、8位タイ8名(マッチングスコアカード方式による)が6月8日、9日にグランドオークゴルフクラブ(兵庫県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/22

平成23年度中部日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成23年度中部日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコースで、5月18日、19日の2日間36ホールストロークプレーで行われ、トータル144のイーブンパーで回った金子直矢選手(名古屋広幡)が、2位に1打差をつけ優勝を飾った。

中部日本地区からは、29位タイ33名(マッチングスコアカード方式による)が6月8日、9日にグランドオークゴルフクラブ(兵庫県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/22

平成23年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技B地区決勝開催

  平成23年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技B地区決勝は、群馬県高崎市の榛名の森カントリークラブで、5月18日、19日の2日間36ホールストロークプレーで行われ、トータル143の1アンダーで回った米山勇樹選手(富士グリーンヒル)が、2位に1打差をつけ優勝を飾った。

東日本B地区からは、20位タイまでの25名が6月8日、9日にグランドオークゴルフクラブ(兵庫県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/22

平成23年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技九州地区決勝開催

  平成23年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技九州地区決勝は、福岡県鞍手郡のセントレジャーゴルフクラブ鞍手で、5月17日、18日の2日間36ホールストロークプレーで行われ、トータル138の6アンダーで回った比嘉一貴選手(宜野座)が、2位に5打差をつけ優勝を飾った。

西日本九州地区からは、10位タイ10名(マッチングスコアカード方式による)が6月8日、9日にグランドオークゴルフクラブ(兵庫県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/22

平成23年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技関西地区決勝開催

  平成23年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技関西地区決勝は、兵庫県神戸市のダンロップゴルフコースで、5月17日、18日の2日間36ホールストロークプレーで行われ、トータル139の5アンダーで回った森岡俊一郎選手(シード・グランドオーク)が、2位に2打差をつけ優勝を飾った。

西日本関西地区からは、51位タイ51名(マッチングスコアカード方式による)が6月8日、9日にグランドオークゴルフクラブ(兵庫県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/22

平成23年度中部日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成23年度中部日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコースで、5月12日に18ホールストロークプレーで行われ、71の1アンダーで回った橋本千里選手が2位に1打差をつけ優勝を飾った。

中部日本地区からは、15位タイの17名(マッチングスコアカード方式による)が、6月1日、2日にベアズパウジャパンカントリークラブ(滋賀県)で行われる全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/13

平成23年度西日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成23年度西日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、兵庫県加西市の青野運動公苑アオノゴルフコースで、5月13日18ホールストロークプレーで行われ、石山千晶選手(アオノ)が69の3アンダーで回り、2位に2打差をつけ優勝を飾った。

西日本地区からは、72位タイ84名(マッチングカード方式による)が6月1日、2日にベアズパウジャパンカントリークラブ(滋賀県)で行われる全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/08

平成23年度東日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成23年度東日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、栃木県大田原市の那須野ヶ原カントリークラブで、5月8日18ホールストロークプレーで行われ、渡辺彩香選手(シード・富士グリーンヒル)が70の2アンダーで回り、2位グループに2打差をつけ優勝を飾った。

東日本地区からは、76位タイ79名(マッチングカード方式による)が6月1日、2日にベアズパウジャパンカントリークラブ(滋賀県)で行われる全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/08

平成23年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技C地区決勝開催

  平成23年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技C地区決勝は、千葉県市原市の千葉よみうりカントリークラブで、5月7日、8日の2日間36ホールストロークプレーで行われ、トータル144のイーブンパーで並んだ副田裕斗選手(千葉よみうり)と、加門大典選手(千葉よみうり)による2ホールに渡るプレーオフの末、副田選手が優勝を飾った。

東日本C地区からは、19位タイまでの21名が6月8日、9日にグランドオークゴルフクラブ(兵庫県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/04/05

日本ゴルフ界合同・震災復興支援チャリティープロジェクト「グリーン・ティー・チャリティー」を発足

  4月4日、都内で公益社団法人日本パブリックゴルフ協会をはじめとする20のゴルフ関連団体が一堂に会し、「日本ゴルフ界合同・震災復興支援チャリティープログラム」の記者発表会を開催しました。

本チャリティープログラムは、東日本大震災で被災された方々や被害を受けた地域の1日でも早い復興のため、「日本のゴルフが、日本のチカラに。」を統一スローガンに掲げ、日本のゴルフ界が一致団結して、これまで以上に支援の輪を拡げ、力強く、そして有効な支援活動につなげていくことといたしました。

●支援活動内容
【ゴルフトーナメント】
・日本3オープン(JGA)、日本プロゴルフ選手権(PGA)、男子ツアー(JGTO)、女子ツアー(LPGA)、シニアツアー(PGA)の本年度開催されるすべてをチャリティートーナメントとし、賞金の一部をチャリティーとします。
【ギャラリー】
・チャリティーグッズ販売、募金箱設置、入場料の一部をチャリティーとします。
・ギャラリープラザでチャリティーイベントを開催いたします。
 ※参考 ギャラリー数 2010年実績 男子ツアー:607,000人、女子ツアー:542,000人
【ゴルフ場・練習場への来場者】
・チャリティーグッズ販売、募金箱設置などを行います。
・関連団体と連携し、義援金を募る仕組を構築します。
 ※参考 ゴルフ場来場者数 2009年実績(延べ人数) 91,642,000人
【アマチュア競技参加者】
・チャリティーグッズ販売、募金箱設置などを行います。
・競技に参加することにより支援に繋がる仕組みを構築します。
【その他】
・各団体で行っている独自の支援策をサポートします。
・ゴルフ関連団体の支援のまとめを行います。
・海外ゴルフ関連団体(USGA、R&A、APGC、各国PGAツアーなど)の支援のまとめを行います。

●活動状況・義援金について
活動状況や集められた義援金につきましては、「日本ゴルフ界合同・震災復興支援チャリティープログラム事務局」で包括し、随時ホームページなどでご報告させていただきます。

●日本ゴルフ界合同・震災復興支援チャリティープログラム事務局
 財団法人日本ゴルフ協会 電話:03-3566-0003

 

2011/02/20

ジャパンゴルフフェア2011開催

  ジャパンゴルフフェア2011(主催:社団法人日本ゴルフ用品協会)が2月18日~20日の会期で東京ビッグサイトで開催された。
初日18日(金)には、ゴルフ史研究家でもあるPGS理事の久保田誠一氏による講演(テーマ:オリンピックとゴルフ)も行われた。
PGSではブースも出展し協会をPR。多くのお客様が来場し、ブースで出題されたクイズに解答しオリジナルキャップ、バイザーをはじめとする賞品を手にされた。

 

2011/01/18

2011年ゴルフ新年会開催!!

  1月14日(金)、都内ホテルにてゴルフ16団体が主催するゴルフ新年会が開催された。同新年会には約700名のゴルフ関連企業、メディア等の関係者が参加し、親睦を深めた。

新年会パーティーに先立ち開催された日本ゴルフサミット会議ではゴルフ16団体のトップが一堂に会し、2011年のゴルフ界全体の活動計画について議論され「1.ゴルフ界は環境問題に積極的に取り組む」「2.ゴルフ場利用税撤廃運動の継続」「3.国家公務員倫理規定におけるゴルフの削除」「4.楽しくゴルフをプレーしていただくためのキャンペーン活動の提唱」の4項目に取り組むことを決定した。

また、石川遼プロの父・勝美氏による新春特別企画講演「親が子供に教えるべきこと」も開催。立見が出るほど大盛況の中、遼プロとのエピソードを交えながら、1時間の講演を行った。

【ゴルフ新年会主催16団体】 ※順不同
(財)日本ゴルフ協会、(公社)日本パブリックゴルフ協会、(社)ゴルファーの緑化促進協力会、(社)日本ゴルフ場事業協会、(社)全日本ゴルフ練習場連盟、(社)日本ゴルフ用品協会、(社)日本ゴルフトーナメント振興協会、(社)日本プロゴルフ協会、(社)日本ゴルフツアー機構、(社)日本女子プロゴルフ協会、日本ゴルフ関連団体協議会、NPO日本芝草研究開発機構、全国ゴルフ会員権取引業団体連絡会、全国ゴルフ場関連事業協会、日本ゴルフコース設計者協会、日本ゴルフジャーナリスト協会

 

2010/10/26

第16回全日本女子シニア選手権、第7回全日本ミッドシニア選手権開催

  第16回全日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、第7回全日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、10月20日(水)、21日(木)、栃木県大田原市の那須野ヶ原カントリークラブ(女子シニア5876ヤード、男子シニア6317ヤード、ともにパー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

女子シニアは、通算17オーバー、161で並んだ武田妙子選手=シード・ウィンザーパーク=と、石黒節子選手=新潟サンライズ=のプレーオフとなり、1ホール目をパーとした東日本3連覇の武田選手が、悲願の全日本初優勝を飾った。

ミッドシニアは、初日、トップに1打差の2位につけていた伊藤正幸選手=紫あやめ=が、2日目を75で回り、通算5オーバーの149で逆転優勝を飾った。

(写真は左からミッドシニア優勝・伊藤選手、女子シニア優勝・武田選手)

 

2010/10/14

第16回全日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  第16回全日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は10月13日(水)、14日(木)、徳島県阿南市のコート・ベール徳島ゴルフクラブ(6610ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日、唯一のアンダーパーを叩きだした水野憲治選手=正眼寺=が、2日目75のトータル146、通算2オーバーとし2位に1打差をつけ逃げ切り、大会初優勝を決めた。

(写真は左から里見徳島県副知事、優勝した水野選手、浅井大会会長)

 

2010/09/09

第4回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技開催!

  第4回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は9月8日(水)、9日(木)、兵庫県西宮市のよみうりゴルフ ウエストコース(男子7196ヤード、女子6189ヤード、ともにパー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

男子部門は、初日トップの島賢司選手=小杉=が2位に1打差のトータル147、通算3オーバーで逃げ切って大会初優勝。女子部門も初日トップの沓沢良子選手=ラ・ヴィスタ=が2位に3打差のトータル148、通算4オーバーで逃げ切り2年ぶり2度目の優勝を決めた。

(写真は左から男子部門優勝・島選手、女子部門優勝・沓沢選手)

 

2010/06/24

7月1日からゴルフ場利用税廃止署名運動を開始します

  6月21日(月)、ゴルフ関連団体で構成する「ゴルフ場利用税廃止運動推進本部(会長・小宮山義孝)」は、ゴルフ場利用税廃止運動についての共同記者会見を都内ホテルで行った。
署名活動は、7月1日から9月30日までの3ヶ月間で、全国のゴルフ場及びゴルフ練習場、ゴルフショップ等で200万人を目標とすると発表しました。

ゴルフ場利用税廃止運動は、下記の通り行われます。
【ゴルフ場利用税廃止署名活動】
・目標署名者数:200万人
・署名運動期間:7月1日(木)~9月30日(木)
・署名場所  :全国のゴルフ場及び練習場、ショップ等

 

2010/06/11

第44回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技

   第44回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は6月9日(水)、10日(木)、愛知県尾張旭市の森林公園ゴルフ場・西コース(6832ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日10バーディ、1ボギーの63のコースレコードをマークした川村昌弘選手=中部日本シード=が2日目も5つスコアを伸ばし、トータル130の14アンダーで大会初優勝を決めた。ディフェンディングチャンピオンの伊藤誠道選手=全日本シード=は、6打差の2位で終わった。
川村選手の14アンダーは、本大会36ホールストロークプレーの最小ストローク記録。
(写真は左から4位・土岐選手、2位・伊藤選手、優勝・川村選手、3位・佐藤選手、5位・前田選手)

 

2010/06/03

第10回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技が開催!

  第10回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は6月2日(水)、3日(木)、千葉県八千代市の八千代ゴルフクラブ(6149ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。
初日4バーディ、ノーボギーの4アンダーでトップに立った酒井美紀選手=シード・那須野ヶ原=が2日目も2つスコアを伸ばし、トータル138でホールアウト。2位の青木瀬令奈選手=千葉よみうり=に6打差をつける圧勝で、大会初優勝を決めた。
(写真は左から4位・渡辺選手、2位・青木選手、優勝・酒井選手、3位・永峰選手、5位・瀬戸選手)

 

2010/05/14

第44回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権東日本B地区決勝

  第44回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権東日本B地区決勝は、5月12日(水)、13日(木)、山梨県の丘の公園清里ゴルフコース(6750ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。
初日スコア65でトップに立った伊澤秀憲選手=富士グリーンヒル=が2日目も68でホールアウトし、トータル133、2位の長船佑紀選手=清里=に9打差をつけて優勝した。
なお、本競技の上位33名が愛知県の森林公園ゴルフ場にて開催される全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権の出場権を獲得した。
(写真は優勝した伊澤秀憲選手(左)と当協会の島田専務理事)

 

2010/05/14

第44回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権東日本A地区決勝が開催!

  第44回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権東日本A地区決勝は、5月13日(木)、14日(金)、栃木県のうぐいすの森ゴルフクラブ&ホテル馬頭(6535ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。
須藤裕太選手=那須野ヶ原=が初日72、2日目70のトータル142でホールアウトし、2位の阿久津未来選手=那須野ヶ原=に1打差をつけて優勝した。
なお、本競技の上位29名が愛知県の森林公園ゴルフ場にて開催される全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権の出場権を獲得した。
(写真は左から2位・阿久津選手、優勝・須藤選手、3位・前田選手)

 

2010/05/09

第10回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権東日本地区決勝が開催されました!

  第10回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権東日本地区決勝は、5月9日(日)、千葉県市原市の千葉よみうりカントリークラブ(6198ヤード、パー72)にて、18ホールストロークプレーで行われた。176名出場。
成田美寿々選手=千葉よみうり=がスコア72で並んだ酒井美紀選手=シード・那須野ヶ原=、松森杏佳選手=昭和の森=を、プレーオフで下し、本大会初優勝を飾った。「次のホールに行くものだと・・・」思っていた矢先に、相手がボギーを叩き決着がついたため、クラブハウスに戻ってきたときは、「まだ実感がわかない」と話していた。
尚、本競技の上位119名が6月2日から行われる全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権の出場権を獲得した。
(写真は左から2位タイ・酒井選手、優勝・成田選手、2位タイ・松森選手)

 

2010/05/09

第10回全日本女子パブリック選手権東日本地区決勝で酒井美紀選手ホールインワン達成!

  酒井美紀選手=シード・那須野ヶ原=が千葉よみうりカントリークラブ15番ホール(148ヤード)でホールインワンを達成した。自身2度目のホールインワンは「あり得ないバウンドをしたので」カップインの瞬間は見ておらず、グリーンに上がりカップを覗いてみたらビックリ!で大騒ぎだったそうだ。なお、ホールインワンを達成した酒井選手には、開催コースの千葉よみうりカントリークラブのご厚意により、粗品が贈られた。

 

2010/01/12

平成20年度シニアパブリック選手権出場選手アンケートを掲載しました!

  PGSニュース・調査・レポートのページからご覧ください。

 

2010/01/11

平成19年度パブリック選手権出場選手アンケートを掲載しました!

  PGSニュース・調査・レポートのページからご覧ください。

 

2010/01/08

JGAアマチュア資格規則について

  JGAアマチュア資格規則は下記URLにてご確認ください。
 ⇒ http://www.jga.or.jp/jga/html/rules/rulebook/ch500/ch500_index.html